同軸終端器

取り扱い製品

仕様

共通部分

表1は全製品共通の特性インピーダンス・使用環境温度・使用相対湿度の仕様を示しています。

図1は全製品共通の電力ー環境温度特性を示しています。

 

          表1 減衰器共通仕様

特性インピーダンス / Ω

50

使用環境温度 / ℃

-55 ~ 125

使用相対湿度 / %

0 ~ 95

 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

                          図1 入力電力と環境温度の関係

 

 

製品を使用する環境温度上昇に伴い、放熱しにくくなり、製品自体の耐電力は減少していきます。

25(℃)時における耐電力をDとしたとき、50(℃)、75(℃)、100(℃)での耐電力は表2のように求められます。

Dは25℃における帯電力の値です。

 

       表2 ある環境温度における耐電力

環境温度 / ℃

耐電力 / W

25

D ×     1

50

D ×  0.75

75

D ×  0.5

100

 D × 0.25

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2~30(W)製品の共通仕様

2~30(W)製品の使用周波数範囲とその周波数範囲下における最大VSWRの仕様は、表3の通りとなっています。

 

 表3 使用可能な周波数範囲とVSWR(2~30W)

使用周波数 / GHz

D.C. ~ 4

VSWR(最大)

1.2

 

 

 

 

 

 

2~30(W)製品については、MIL-STD-202準拠の試験を行った後、電気的特性を測定し、表4の通り、表1、表2、表3の仕様の範囲内であることを確認しています。

 

 

                        表4 耐久試験まとめ

試験項目

試験規格 

電気的特性結果

耐震性 

MIL-STD-202準拠

仕様範囲内

耐衝撃性

MIL-STD-202準拠

仕様範囲内

温度サイクル

MIL-STD-202準拠

仕様範囲内

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

50~500(W)製品の共通仕様

50~500(W)製品の使用可能な周波数範囲と、その周波数範囲下における最大VSWRの仕様は、表5の通りとなっています。

 

 表5 使用可能な周波数範囲とVSWR(50~500W)

使用周波数 / GHz

D.C. ~ 3

VSWR(最大)

1.2