同軸固定減衰器

固定減衰器の「固定の意味」について

  • 固定減衰器における固定は「減衰量の固定」を意味しています
  • 固定減衰器は指定した減衰量で製造され、使用時に減衰量の変更は出来ません
  • 使用時に減衰量を変更できる減衰器を「可変減衰器」といいます

 

固定減衰器(標準品)の製品指定方法について

  • 希望する電力・コネクタの製品名を見つける
  • 減衰量を指定(1 ~ 40dBの範囲で1dB刻み)する
  • 各減衰量における誤差α(指定減衰量±α[dB])については、仕様書をご覧ください

 

取り扱い製品

仕様

共通部分

表1は全製品共通の特性インピーダンス・使用環境温度・使用相対湿度の仕様を示しています。

図1は全製品共通の電力ー環境温度特性(=耐電力)を示しています。

 

                   表1 減衰器共通仕様

特性インピーダンス / Ω

50

使用環境温度 / ℃

-55 ~ 125

使用相対湿度 / %

 0 ~ 95

 

 

 

 

 

 

 

                                    図1 入力電力と環境温度の関係

 

 

製品を使用する環境温度の上昇によって製品の放熱がしにくくなる結果、製品の耐電力は減少していきます。

25(℃)時における耐電力をDとしたとき、50(℃)、75(℃)、100(℃)での耐電力は表2のように求めることができます。

 

 

    表2 ある環境温度における耐電力

環境温度 / ℃

耐電力 / W

25

D ×     1

50

D ×  0.75

75

D ×  0.5

100

 D × 0.25

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Dは25℃における耐電力(W)です。

減衰量はすべての製品において1(dB)刻みの指定が可能です。

耐電力および指定減衰量によって指定した減衰量からの誤差は異なります。

減衰量の誤差範囲は各製品の紹介ページに設置してある仕様書(PDF)を御覧ください。

 

 

2~30(W)製品の共通仕様

2~30(W)製品の使用周波数範囲とその周波数範囲下における最大VSWRの仕様は、表3の通りとなっています。

 

 表3 使用可能な周波数範囲とVSWR(2~30W)

使用周波数 / GHz

D.C. ~ 4

VSWR(最大)

1.2

 

 

 

 

 

 

2~30(W)製品については、MIL-STD-202準拠の試験を行った後、電気的特性を測定し、表4の通り、表1、表2、表3の仕様の範囲内であることを確認しています。

 

          表4 耐久試験まとめ

試験項目

試験規格 

電気的特性結果

耐震性 

MIL-STD-202準拠

仕様範囲内

耐衝撃性

MIL-STD-202準拠

仕様範囲内

温度サイクル

MIL-STD-202準拠

仕様範囲内

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

50~500(W)製品の共通仕様

50~500(W)製品の使用可能な周波数範囲と、その周波数範囲下における最大VSWRの仕様は、表5の通りとなっています。

 

表5 使用可能な周波数範囲とVSWR(50~500W)

使用周波数 / GHz

D.C. ~ 3

VSWR(最大)

1.2